FC2ブログ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ジョゼの治療をどうするか旦那さんと検討した結果、いきなり開腹手術はやはり抵抗があるので、内視鏡手術をしてもらことにしました。
もしそれで異物をとることが出来なければ、その後、開腹手術をすることになります。

最悪2つの手術を受けることになり、ジョゼの体にも負担をかける...と思ったけど、やっぱりお腹を切らずにすむ可能性があるのならそれに懸けてみようということになりました。

朝一でジョゼを病院に連れていき、説明を受ける。
13時頃手術開始で、1時間~3時間位で終わるとのこと。

わたし 「先生、もう内視鏡以外方法はないってくらいな気持ちでやってください。」
先生  「わ、わかりました。」

かなり無理な注文をつけ、苦笑いの先生にジョゼを預け一時帰宅。

「絶対取れる、絶対取れる、絶対...ぶつぶつ...」

と帰りの車の中で呪文のように唱える私でした。

そして16時過ぎに病院から電話があり、内視鏡手術で無事異物がとれた、とのこと。

神様、ありがとう!!

ジョゼの体調が悪くなったときには一時呪った神様にとりあえずお礼を言っときました。

夜病院へ行き、少し疲れた顔をしたジョゼを連れて帰ってきました。

結局、ジョゼのお腹に入っていたのは猫のおもちゃのポンポン(正式名は知らない)。
直径2センチくらいのふわふわしたボールにキラキラっとしたものがついてるやつ。
ジョゼはそのおもちゃが大好きで、ここ何ヶ月かでいくつ買ったことか・・・。
その大好きなポンポンを食べちゃってたわけです。
しかも3つも!!
獣医さんも驚いてました。
小さいおもちゃなので、遊んでるうちに家具の隙間とかに入っちゃってよく失くしてしまうんです。
で、その度に新しいのを出してたわけで...。
完全に飼い主のミスです。
ううう...ごめんよ、ジョゼ。

皆さんも犬猫のおもちゃにはお気をつけくだされ!!


スポンサーサイト







| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ジョゼとクロエと飼い主たち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。