FC2ブログ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






アカデミー賞をとったからというミーハーな理由だけで観に行っちゃいましたわ。

お金を盗んだ男を殺し屋が追うっていう話自体はいたってシンプルなもの。
なんか淡々と話が進んでいく感じで、映画の途中に音楽は全くナシでした。
今の世の中の不条理を描いてるって感じかしら。
でも思ってたほど怖い映画でもなかったなぁ。
あえて言うなら、殺し屋の目的がお金なんかじゃなく殺すことこそが目的って感じで躊躇なく淡々と殺していくところが怖いかも。
殺し屋が単なるサイコパスなんじゃなくて悪の権化みたいで。

でも、私はあんまり好きじゃないなぁ。
コーエン兄弟の前の『ファーゴ』や『オー・ブラザー!』もあんまり好きじゃなかったし。
この映画はアカデミーとかよりも、カンヌとかで受けそうな映画だと思った。
アカデミー賞も作品選出の趣旨を変えたのかしら?

しかしあのキモイ髪型した殺し屋のハビエル・バルデムが、実は地球上で最もセクシーな男の9位にランクインしてるのには驚いちゃう。
あの映画ではおかっぱだからキモイって言われてるけど、普通の髪型にしててもセクシーな男には見えないわ(わたくしには)。
外人は胸毛や濃い顔が大好きだものね~。
わたくしは濃いすぎる顔&胸毛はお断りですわ。ププッ。

スポンサーサイト







| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ジョゼとクロエと飼い主たち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。