FC2ブログ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






このブログではちょっと影が薄い猫のジョゼですが、家では存在感ありありのありすぎです。

ジョゼは人に全くベタベタしない猫でした。
今まで飼い主としては、ちょっと寂しさを感じてたわけで...。

でもそんなジョゼが最近変わったんです。


もともとノルウェージャンという種類の猫は、あまり鳴かないと言われてて、ジョゼも子猫の時はほとんど鳴きませんでした。
しかし大人になると、たまに “要求鳴き” をするようになり、去年の引っ越しを期にそれは激しくなってきて、今となってはうざいくらいなのですよ。

ジョゼが鳴くとき。

・ご飯がほしい
・洗面所で蛇口から水が飲みたい
・窓から外が見たいからカーテンを開けてほしい
・外気にあたりたいから窓を開けてほしい
・部屋のドアを開けてほしい
・遊んでほしい
・何だかさみしい

鳴く以外にも、要求がある時は私につきまとって離れません。
旦那もいるのにどうして私のほうになつくのか?
猫は(犬もそうかもしれないけど)自分の言うことを聞いてくれる、自分に都合のいい人間が好きなんだそうな。

ジョゼが鳴く
  ↓
飼い主、頼られてる気がして可愛いから答える
  ↓
前に答えてくれたからまた鳴いてみる
  ↓
やっぱり可愛いから答える
  ↓
もっと鳴いてみたらどうだろう?
  ↓
ちょっとうざくなってきたけど可哀相だから答える
  ↓
うほほほ~もっと鳴いてやれ!!
  ↓
うざいけど今更やめられない

ってな感じになってます...

ですがしかし、猫に許されて犬に許されないものがありまして。
それは “わがまま” だとわたくし思っとります。
猫かわいがり、と言う言葉があるように、猫はただ可愛がればいいものなのですよ、ほほほ~

今回は猫のジョゼをフィーチャーしてみました。

20080216 007


スポンサーサイト






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ジョゼとクロエと飼い主たち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。