上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






アカデミー賞をとったからというミーハーな理由だけで観に行っちゃいましたわ。

お金を盗んだ男を殺し屋が追うっていう話自体はいたってシンプルなもの。
なんか淡々と話が進んでいく感じで、映画の途中に音楽は全くナシでした。
今の世の中の不条理を描いてるって感じかしら。
でも思ってたほど怖い映画でもなかったなぁ。
あえて言うなら、殺し屋の目的がお金なんかじゃなく殺すことこそが目的って感じで躊躇なく淡々と殺していくところが怖いかも。
殺し屋が単なるサイコパスなんじゃなくて悪の権化みたいで。

でも、私はあんまり好きじゃないなぁ。
コーエン兄弟の前の『ファーゴ』や『オー・ブラザー!』もあんまり好きじゃなかったし。
この映画はアカデミーとかよりも、カンヌとかで受けそうな映画だと思った。
アカデミー賞も作品選出の趣旨を変えたのかしら?

しかしあのキモイ髪型した殺し屋のハビエル・バルデムが、実は地球上で最もセクシーな男の9位にランクインしてるのには驚いちゃう。
あの映画ではおかっぱだからキモイって言われてるけど、普通の髪型にしててもセクシーな男には見えないわ(わたくしには)。
外人は胸毛や濃い顔が大好きだものね~。
わたくしは濃いすぎる顔&胸毛はお断りですわ。ププッ。


スポンサーサイト





なんだか今週は寒い日が続くようですね。
今日も明日も大阪は天気が悪いようで、つまんな~い!!

昨日は旦那がお休みだったので、映画を観に行ってきました。
『いつか眠りにつく前に』
すごく観たかったというわけじゃないんだけど、なんとなく。

感想は...
きっと話は面白いんだろうけど、作りかたというか撮り方というか、がイマイチな感じ。
原作を読んでみたい気がしました。
ひとつの “出来事” に対する捉え方の違いが、その後の人生に大きく影響し、それがただの思い出になるか、傷として残るか...。
そして、長い間生きていればいろいろあるわけだけれど、自分が死ぬ間際、いったい何を思うんだろう?
それを想像すると、ちょっと不謹慎だけど “その時” がそんなに嫌でもなく思えたりして。

最近はテレビも大きくなってきたし、DVDもすぐ新作が出るから映画館に行かないって人も多いと思うけど、やっぱりあの映画館に流れる空気と雰囲気が大好きな私です。
ちょっと料金が高すぎるけどっっ

そして恐れていたクロエの自爆テロも昨日は免れて、ホッとした飼い主たちです。

先の人生に思いを馳せる飼い主の後ろで、今がすべてのクロエは

20080226 001

何だかさみしいオーラを出しながら

20080226 002

ふて寝してましたよ。
なんだか可哀相な気がしてきたので、これから存分に遊びま~す!!






昨日何日かぶりに体重計に乗ってみたら、予想していた体重より2キロもオーバーしていて、2度見ならぬ5度乗りをしてしまったデブ1歩手前の飼い主ですが、みなさんこんにちは。

..Read more






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ジョゼとクロエと飼い主たち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。