上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ジョゼとクロエ、一緒に暮らし始めて8か月。



ふたりはわりと仲良し。

20080801 001



















ふたりはすごーく仲良し。

20080801 002

















スポンサーサイト





思いっきり我が犬自慢をしてしまい、こっ恥ずかしいあまりブログ更新をすっかり忘れてしまいましたわ。
でも我が犬がカワイイのは当たり前だのクラッカーでしょ?と開き直ってこれからもどんどんKYな発言をしていきますわよっ!!ププッ。

さて、天気の良かった先週の土曜日、再びドッグランでクロエを放牧。
この日は何頭かのボステリちゃんにも遭遇しました。

ハイパー娘のヤンボちゃんと見ず知らずの人のおもちゃを狙ってみたり。

20080331 007













温厚なフレブルさんとニホイを嗅ぎあったり。

20080331 006













この日もほんとに遊びの輪の中に入れているのか微妙な感じながらも、思いっきり走りまわってラン満喫。
さあ後は家に帰ってまったりするぜぃ!!とクロエは思っていたでしょう。
しかしこの後クロエにとって試練が待っていたのです。

夕方、私の妹夫婦とその子供達2人(2歳と5歳の男の子)が我が家に遊びにきましたの。
人間大好き!!のクロエは大喜び。
特に5歳のYは大の犬好きで、クロエに顔をベロベロ舐められながらもとっても可愛がってくれました。
しかし体力のないクロエは一喜びした後ランでの疲れを癒すべく眠りにつこうとするのですが、甥っ子Yがそれを許すはずもなく、この後果てしない抱っこ地獄へと・・・・。

ベロンベロンに舐められて喜ぶマニアックY。

20080331 002













クロエは逃れる術もなくされるがままで。

20080331 004













写真に撮られるのが大好きな2歳の甥っ子K。クロエは相変わらず囚われの身。

20080331 003













写真を撮ると必ず「見せて!」と自分の姿を確認しにくるナルシストっぷり。将来が心配だ。

20080331 005














クロエは普段、自分からケージのベッドに行くことはないんですが、この日はさすがに眠りたかったのかコソコソと自分でケージに入って行ってました。
しかしやっぱり甥っ子Yがそれを許さず、エンドレス抱っこ地獄でしたわ。
そしてそれは次の日妹家族が帰っていくまで続きましたとさ。

でも2人とも本当にカワイイヤツなんですのよ~。

YとK、あそんでくれてありがとーーっ!!またあそびにきてねっ♪

そして日曜日に妹家族が帰った後、クロエはほとんどご飯も食べずに15時間以上眠り続けましたわ。

20080331 001「ぎゃーーっ!!佐清ぉぉーーーっ!!」













でも実は本当に可哀相だったのは、思いっきり人見知りのジョゼ。
妹達がいた土曜の夜から日曜の午前中まで、一切姿を現さなかったんですの。
ジョゼさんクロエさん、ほんとーにお疲れ様でしたっっ!!







夫が出張に行くと、とたんに夜型人間になってしまう私です。
でも普段、夜寝るように習慣付けられているクロエやジョゼは、私が夜中(朝方?)にパソコンをいじっていても、それぞれいつも通りに眠り、規則正しい生活をしているのを見ると思わず笑ってしまいます。

今まで、プレミアムフードを食べさせていれば大丈夫、と思ってきた私ですが以前から不思議に思っていたことがあります。
それは実家で飼っていたシェットランドシープドッグとおばあちゃんの家で飼っていた猫のこと。
実家のシェルティー(ジル)は16歳か17歳まで生き、おばあちゃんの家の猫(ミーコ)は20歳くらいまで生きました。
どちらも長生きのほうだと思います。
ミーコにいたっては、老衰とかではなく、放し飼いだったので犬に殺されてしまいました。
それがなければ、もう少し生きていたと思われます。
その2匹が食べていたご飯は...。
..Read more





昨日住吉大社からの帰り道、ケーキ屋さんの他にもう1つ気になったお店があったのでそちらにも寄ってみました。

そこは小さなペットショップ。
ペットフードとおやつ、リードやカラーや洋服、おもちゃが売っていました。
置いてあるフードは今まであまり見たことがないフードばかりで、ほとんどがヨーロッパで作られているものだそうです。
お店に置いてあるオヤツやらガムやらはすべて無添加。
ちょうど、フードのことを考えていたときだったので、お店の人にいろいろ聞いてみました。

お店の人はこう言っていました。
「ただのペットとして飼うのか、家族の一員として飼うのかでフードを選ぶんですよ」

最近ある本を買ってきて読んだんですが、読んでボーゼンとなりました。
『食べてはいけないペットフード大解剖』

20080114 001


これを読んだらどこも信じられな~い!!
完全手作り食は無理だとしても、なるべく質のいいフードを捜して、それに馬肉とか牛肉とかを混ぜてあげるのがよさそう。
ジョゼとクロエのご飯をちょっとまじめに考えなければ...。

そのペットショップには良さそうなフードも沢山置いてあって、馬肉の販売もしてました。
そこでオヤツとトッピングをゲット。

20080114 003

右がオヤツで豚アキレス、トッピングとして馬肉そぼろ、ブタレバーもうひとつラムのそぼろがあったけど、それは早速使ってます。

そのお店が良かったのは“生体販売”をしていなかったことと、店主さんがフードのことに詳しくて、丁寧に説明してくれたこと。
でもちょっと今の家からは遠いなぁ~。
車で1時間くらいかかるかしら??

家のそばにもいいショップがあるか、調べてみよう。

2匹にはあまり病気することなく長く生きて欲しいから、少しでもいいもの食べさせたいなぁ~。








| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ジョゼとクロエと飼い主たち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。