上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ぬぼーっと現実逃避して戻ってきたら2日経っててびっくらこきましたわ。
実は昨日5月13日は我が家のカワイイ子猫ちゃん(もう子猫じゃないけど)の2歳の誕生日でした。
えっ?忘れてたんじゃないのかって?
そんなことないですわよぉ、ほほほほほ・・・・。
ってことで今日はジョゼ特集をお送りしまーーっす!

ジョゼは2006年5月13日、ノルウェージャンのブリーダー、SugarKissさんのところで生まれました。

生まれて1日目のジョゼ。ちょっと奇妙な生き物ちっく。

20080513 009
















3週目。だんだん猫っぽくなってきた頃。三毛が鮮やかでキレイ。

20080513 005
















5週目。カワイクなってきたっ!!尻尾が虫みたいでちとキモイ。

20080513 002
















7週目。尻尾がびよーーっんて伸びてきて、毛ももさもさしてきた。

20080513 003
















10週目。この頃かなぁ、家に来ることが決まったのは・・・。

JOSE 10週-3
















12週目。これがブリーダーさん宅での最後の写真。めっちゃかわええ・・・。

20080513 010
















ブリーダーさんはすごく親切な方で、わざわざ千葉県から連れてきてくれましたの。
私達は写真だけでジョゼを迎えることを決めたので、受け取るときが始めてのご対面。
もぉぉ、とにかくすっごいかわいかったわぁぁ。
でもねぇ、家になかなかなれてくれなくて、ベッドの下やソファの下の入ったきり出てこなかったりで・・・。ちゃんとなついてくれるのか、心配だったわね。
すっかり落ち着いたのは、うちに来て2週間くらい経った時だったかなぁ。

これは家に来て、しばらく経ってからの写真。
まだ毛は伸びきってないけど、もうすっかり今のジョゼの顔になってる。

20080513 006













そして現在。ブリーダーさんも美猫だと褒めてくれた、ビューティー&プリティージョゼ。(←バカ飼い主)

20080513 008













特に大きな病気もなく (おもちゃ飲込み事件はあったけど) 育ってくれましたわ~。
飼い主たちが甘々なので、ちょっとわがままになっちゃったけど。
でもそれが猫の魅力でもあるのよねぇ。
どんなに自分勝手でわがままでも、ずーーっと一緒にいてくれればそれでいいのよ。
目指せ、30歳!!(←無理っ)


スポンサーサイト





今日は猫のジョゼのお話を。

猫って犬に比べると存在感がちと薄い。
いつでもべったりくっついてまわるクロエとは違って、ジョゼは自分の気が向いたときに少ーし近づいてくるだけ。
猫の中には人にべったりで抱っこ大好きのコもいると思う。ジョゼの前に家に居た猫がそうだった。
でもジョゼは抱っこは嫌い、しつこくなでられるのも嫌い。
なのでジョゼへの愛情表現はとても難しいのです。

ノルウェージャンという種類の猫は基本的にあまり鳴かないって言われてるんですが、ジョゼはそれには当てはまらず、とにかくよく鳴きます。
水が欲しい時(洗面所の蛇口から直接飲むのが好き)、遊んでほしい時に私達を呼ぶのです。

去年の12月、クロエが家に来てからそれはますます激しくなってきました。
思いっきり自己主張するクロエを前に、自分を忘れないでって言ってるみたいに。

ジョゼの為にとりつけた、リビングとそれ以外の部屋を行き来できる猫ドア。

20080422 005













リビングに入って来たくない時、ドアの向こうでひたすら鳴いて私達を待つ。
でもじーーっとこっちを見てるからちと怖い・・・。

20080422 002













鳴いても私達が応じないときは、このドアを前足でバタバタ開け閉めしたりする。
これが結構うるさいので、仕方なく言うことをきいたりして・・・。

それからストーカーまがいのこともするようになりました。
私がお風呂に入るので洗面所のドアを閉めてると、開けろと鳴いたり、隙間から手がでてきたり。

20080422 001













パソコンをいじっていると、キーボードの上を平気で横切ったりする。

20080422 003













もっと素直に甘えられたらいいんだろうけど、ジョゼにはこんな形でしか自己主張が出来ない。
不器用なジョゼ。かわいい私のジョゼ。

確かに素直に愛情表現ができるクロエの存在は私の中で大きくなってきているのは事実。
でもそれがジョゼの存在を超えることはない。いつまでもジョゼが1番。

キッチンで料理中の私を換気扇フードの上から見下ろすジョゼ。両足ぶらりんで。

20080422 004














これはさすがに衛生上良くないんぢゃね?と思うんだけど、バカ飼い主はもう気にならないのです。
だから家の料理はいつもジョゼの毛入りです。←マジかっ!?







このブログではちょっと影が薄い猫のジョゼですが、家では存在感ありありのありすぎです。

ジョゼは人に全くベタベタしない猫でした。
今まで飼い主としては、ちょっと寂しさを感じてたわけで...。

でもそんなジョゼが最近変わったんです。


..Read more





ジョゼの治療をどうするか旦那さんと検討した結果、いきなり開腹手術はやはり抵抗があるので、内視鏡手術をしてもらことにしました。
もしそれで異物をとることが出来なければ、その後、開腹手術をすることになります。

最悪2つの手術を受けることになり、ジョゼの体にも負担をかける...と思ったけど、やっぱりお腹を切らずにすむ可能性があるのならそれに懸けてみようということになりました。

朝一でジョゼを病院に連れていき、説明を受ける。
13時頃手術開始で、1時間~3時間位で終わるとのこと。

わたし 「先生、もう内視鏡以外方法はないってくらいな気持ちでやってください。」
先生  「わ、わかりました。」

かなり無理な注文をつけ、苦笑いの先生にジョゼを預け一時帰宅。

「絶対取れる、絶対取れる、絶対...ぶつぶつ...」

と帰りの車の中で呪文のように唱える私でした。

そして16時過ぎに病院から電話があり、内視鏡手術で無事異物がとれた、とのこと。

神様、ありがとう!!

ジョゼの体調が悪くなったときには一時呪った神様にとりあえずお礼を言っときました。

夜病院へ行き、少し疲れた顔をしたジョゼを連れて帰ってきました。

結局、ジョゼのお腹に入っていたのは猫のおもちゃのポンポン(正式名は知らない)。
直径2センチくらいのふわふわしたボールにキラキラっとしたものがついてるやつ。
ジョゼはそのおもちゃが大好きで、ここ何ヶ月かでいくつ買ったことか・・・。
その大好きなポンポンを食べちゃってたわけです。
しかも3つも!!
獣医さんも驚いてました。
小さいおもちゃなので、遊んでるうちに家具の隙間とかに入っちゃってよく失くしてしまうんです。
で、その度に新しいのを出してたわけで...。
完全に飼い主のミスです。
ううう...ごめんよ、ジョゼ。

皆さんも犬猫のおもちゃにはお気をつけくだされ!!








ジョゼが昨日、何回か吐いたので病院へ連れて行きました。

少し様子を見ると言うことで、吐き止めの薬と胃腸にやさしいご飯を貰い帰宅。
貰ったご飯はロイヤルカナンの療養食で、レトルトのチキン味。
ここ何日か、ご飯の食べが悪かったのにそれは完食でした。

今日は朝1回、昼間2回、夜1回、吐いたので再び病院へ。

検査の結果は何とも微妙なもので。

「胃が膨らんでるので何か異物がありそうな感じだけれど、はっきりとある、とも言い切れない」

残る方法は2つ。

1、 内視鏡手術で、とりあえず中に何か入っているか確かめる。
   もし何か異物があった場合、内視鏡で取り出せそうなら取り出す。
   内視鏡で取り出せなければ、その後開腹手術。

2、 何もない可能性もあるが、いきなり開腹手術。

明日もう1度ジョゼを病院に連れていき、レントゲンを撮って変わらず胃が膨らんでいる状態なら、1か2の方法をとるしかないとのこと。
今日は血液検査、レントゲン、エコー、造影検査、点滴。
夕食は無し。費用33,200円。









| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ジョゼとクロエと飼い主たち, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。